無料のMinecraftレンタルサーバー・Aternosの便利な使い方

前回の記事では無料で使えるMinecraftのサーバー・Aternosの登録からバニラでの起動方法といった基本的な利用方法を解説しました。 無料のMinecraftレンタルサーバー・Aternosの基本的な使い方 今回は簡単にできるMod Packでの導入方法と、その他便利な設定について説明していきたいと思います。

Mod Packの導入方法

Mod Packとは、有志によって作られたModのセットです。ここではTechnicというランチャーにある、The 1.7.10というMod Packをインストールします。 といってもバニラのサーバーとやることは変わりません。左ペインの「ソフトウェア」から「Modpacks」を選びます。

複数のMod Pack用ランチャーが選べることがわかります。今回は「Technic」を選びます。

すると沢山のMod Packが出るのがわかります。この中から今回は「The 1.7.10 Pack」を選んでインストールします。

バニラと違って右上が「再インストール」となっていますが、気にせずインストールしましょう。

なんと、もう終わりです。後はバニラの時と同じように、左ペインの「サーバー」から「起動」を押すだけでMod Packのサーバーが立ちます。楽勝ですね。

便利な設定

前回の投稿では紹介しきれなかった機能についていくつか説明してきたいと思います。

ホワイトリストとMinecraft内の管理者(OP)の設定

左ペインの「接続数」から設定できます。空の枠内にMinecraft上で表示されるユーザー名を入力し、「+」ボタンで追加できます。

もしくは「コンソール」からコマンド入力でも可能です。こちらのほうが慣れている方も多いのではないでしょうか。

バックアップの設定

Artenosでは自分のGoogleドライブと紐付けることで、自動でバックアップする機能を利用することができます。

左ペインの「バックアップ」から入れます。Googleアカウント以外でのログインだった場合は画像のようなメッセージが表示されると思います。

Googleアカウントでログインし、接続を許可すると紐付けることができます。

Googleドライブとの連携が完了すると、こちらの画像のような画面になると思います。

このページで手動バックアップや、自動バックアップのON/OFF及び最大バックアップ個数を設定できます。

今回TechnicのMOD PackであるThe 1.7.10のでの建て方を解説したので、次回はクライアント側の導入方法を解説できればと思います。

コメントを残す