SteamCMDをもっと便利に!SteamCMD GUIの導入方法

先日、SteamCMDとそのセットアップについて説明しました。

SteamCMDを使ったゲームサーバーインストール方法

しかしながらSteamCMDはコマンドラインを目的に作られているので当然ですが、コマンド操作に慣れていない人にはかなりハードルが高いです。

そんな中、SteamCMDをグラフィカルに操作するためのツールとして、SteamCMD GUIというものが有志によって作られていますので、そちらを紹介したいと思います。

ダウンロード

開発者であるDio JoestarさんのGitHubページへ行きます。

参考 SteamCMD GUIGitHub

下部にダウンロードのURLと、そのミラーが書かれています。今回は赤枠から進めます。

最新のリリースへのリンクとなっているので、そちらからSteamCMD.GUI.zipをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたZipファイルを展開して、中にあるSteamCMD GUI.exeを起動します。

起動と設定

起動できたら最初に「Download SteamCMD」ボタンを押してSteamCMD本体をダウンロードします。

押すと、SteamCMD GUIを展開したフォルダにsteamcmd.zipがダウンロードされたことがわかります。

展開した中身を設置します。例として、C:\steamcmdに置きました。

Browserボタンを押して、先ほど設置したパス―今回の例ではC:\steamcmdを選択します。

下記のようなエラーが下部に出ている場合は、選択したフォルダにsteamcmd.exeがないということなので、ファイルを指定した場所に正しく設置できたか確認しましょう。

うまく設定できていれば、下記のような状態になってると思います。

サーバーアプリケーションのインストール

インストールするアプリケーションの情報

冒頭に紹介した記事と同様に、前提として二つの情報が必要で

  • インストール先のフォルダパス
  • インストールするアプリケーションのID

インストール先のフォルダパスは、これからSteamCMDを使ってインストールするアプリケーション達をどこに保存するかを指定する、フォルダの宛先です。どこでもいいですが、SteamCMDをインストールした場所とは別の場所にすることをおすすめします。この記事ではPATHと表現するので、各自で読み替えて下さい。画像の例では

インストールするアプリケーションのIDは、Steam上で設定されている、アプリケーションに対応するIDです。この記事ではIDと表現するので、各自で読み替えて下さい。

補足ですが、IDは下記のサイトから調べることもできます。

参考 Steam Application IDsVALVE Developer Community

サーバーに関してはこちらです。

参考 Dedicated Server ListVALVE Developer Community

とはいえ実際に存在するパスを使わないと画像が撮れないため、今回は下記を例として、RUSTのサーバーをインストールします。

  • PATH = C:\steamcmd_install
  • ID = 258550

インストール先の設定

今度は下段の「Browser」ボタンから、PATHを指定します。

先ほどと同様に、うまくいけばこのような状態になっているかと思います。

インストールするアプリケーションの設定

これからインストールするサーバーアプリケーションがValveのゲームであれば、下記のように最初から選ぶことができる中にあると思います。

今回の例であるRUSTのように、最初から選ぶ中にない場合は、「Add」ボタンを押して追加します。

名前とIDを聞かれるので、好きな名前(ここではRUST)とIDを入力し、OKを押します。

さっきまでなかったRUSTが追加されたことが確認できたと思います。

インストール

RUSTを選んだ状態で、「Update/Install」ボタンを押します。

下記のようなコンソール画面が動き始めていれば、うまくインストールが始まっている状態です。

途中でファイアウォールの警告が出てきた場合には、許可してあげましょう。

起動されていたSteamCMDが下記の状態で入力待ちになればインストール終了です。

おわりに

「Run Server」というタブがあったので、てっきりインストールしたアプリケーションを何でも実行できるのかと思いましたが、そんなことはなかったです。

どうやらプリセットされていたゲームサーバーアプリケーションについてはここから簡単に設定して実行できるみたいですが、それ以外では従来通り自分でバッチなりを書く必要があるみたいです。

 

コメントを残す