Minecraft非公式ランチャーを使うためのJava導入方法

今のMinecraftではインストールするとJavaが既に入っているため困ることはないですが、このブログで紹介しているTechnic Launcherをはじめとした、非公式のランチャーを使う場合は手動でJavaをインストールする必要があります。

2019年4月からJavaのサポートが有償化されることもあって、Javaバージョン8は推奨されませんが、Minecraftでは必要なので導入方法を記事にしておきます。

ダウンロード

自分でバージョンを選択する方法もあるのですが、それが必要な人には恐らくそんな記事必要ないと思うので、一番簡単な方法を説明します。

Javaダウンロード

リンク先のページに堂々と鎮座している「無料Javaのダウンロード」をクリック。

赤線の部分が正しいか(特に32ビットか64ビット)を確認し、「同意して無料ダウンロードを開始」を押すとJavaのインストーラーをダウンロードします。

ファイルはサイズが70MBくらいはあると思います。

インストール

ダウンロードできたJavaのインストーラーを起動すると、下記のようなウィンドウが出ると思うので、左下の「宛先フォルダを変更する」にチェックを入れてから「インストール」を押します。チェックを入れずにインストールを開始する場合、なぜかインストーラーが終了してしまいました。

次の画面は将来別のものに差し替わっているかもしれませんが、特に気にせず「OK」を押します。

宛先は特に変更せずに「次」を押すとインストールが始まります。

下記のような画面が出ていれば、インストールが正常に始まっています。

インストールが終了すると「閉じる」ボタンのあるウィンドウが出るので、それを押して終了します。

確認

Winキー+Rを押して出る「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「cmd」と入れてOKを押し、コマンドプロンプトを起動します。

起動したコマンドプロンプトに「java」と入力してEnterを押すと、下記のようにコマンドの説明が表示されたら正しくインストールされています。

これで非公式ランチャーを使う準備ができました。

コメントを残す