GRANBEAT CAFEでGRANBEATを試してきた感想

先日、機会があって友人たちと茅場町のGRANBEAT CAFEに行きました。 GRANBEATというのは、ONKYOが発売する予定のハイエンドオーディオプレーヤー×スマートフォンです。詳細はこちら。 買い換えを検討していたのは友人で、自分は買い換える気は全く無く、興味本位で試しに行っただけでした。   試してきた感想を適当にまとめます。 元々買う気がなかったので当たり前ですが、それを差し引いても、そこまで魅力を感じなかったというのが結論です。 8.5万円出して買う人はなかなかいないんじゃないかなぁと思いました。 自分のMoto Zはイヤフォン端子ないから、まずは普段使ってるBose SoundSport wireless headphonesで試したところ、ワイヤレスにも関わらず違いが感じられました。 有線接続のDACだけに頼らず、伝送前に何かしらの信号処理はしてることがわかります。 表現が難しいですが「バァン」だった低音がGRANBEATだと「ドゥン」って感じで低音のリアリティが増して、なんとなく臨場感が強くなったように感じました。 DACが電池食いだと言われていましたが、有線だと熱くなる本体がワイヤレスだと熱くならないので、なんとなく真実味があります。 無線なら有線ほど電池を食わないかもしれませんが、それはそれでGRANBEATの機能を活かしきれない感じがしてなんとも微妙な気持ちになります。 その後は友人のイヤフォンを借り、バランスケーブルと通常のケーブルで違いがあるか確認してみましたが、自分の耳では違いを感じることはできませんでした。 GRANBEATの感動が薄かったことで、なんだか逆に自分のイヤフォンでも十分いい音出ることに気付かされました。ちなみにBose SoundSport wireless headphonesはこちらです。 GRANBEATは既にAmazonから予約できるようですね。

コメントを残す